ケーブル劣化診断、電気設備保守、メンテナンスはデルタックスへ

校正・保護具試験・工事

写真:工事現場

デルタックスでは、主幹業務である点検・メンテナンスの他に、お客様が日ごろ巡視点検や作業等で使われる各種機器メーターの校正や、高圧安全保護具の性能を確認する保護具耐圧試験などもお受けしております。また、メンテナンスで発見された受配電機器の異常や劣化などについてご報告させて頂くと共に、更新工事のご提案や実際の工事などもお受けしております。

点検・メンテナンスに関わらず、自家用電気工作物に関わるご相談でしたらなんでも、デルタックスまでお問い合わせください。

どうしよう・・?と悩む前に、まずはご連絡を・・・

高圧受変電設備工事

写真:高圧受変電設備工事現場

1つのリレー交換から高圧配電盤の更新工事まで幅広く対応いたします。
また、当社は本業がメンテナンスということもあり、工事だけに留まらず、工事完了後の竣工試験・引渡し後のメンテナンスと、一貫してお客様をトータル的にサポートして行くことにより、お客様との息の長いお付き合いを目的としております。

高圧絶縁油交換工事

油入機器の絶縁油は使用状況により劣化の度合いは異なります。
定期的に検査を行い、劣化傾向が出始めたら機器を損傷する前に早めの交換をお勧めいたします。
絶縁油の交換工事は機器の設置状況により工事の方法が異なってきます。
まずはご相談ください。

UPS販売・設置工事

当社はNTTファシリティーズ(株)と代理店契約をしております。
信頼性の高いUPSの販売と設置工事を行っております。
商品のラインナップは幅広く、パーソナルユースからサーバールーム用までどのようなサイズにも対応しております。
是非一度ご相談ください。
満足のいく商品を取り揃えてお待ちしております。

写真:UPS。満足のいく商品を取り揃えてお待ちしております。

各種試験器校正試験

「高圧電気工作物を設置する者は、保安規定を策定し定期的に自主点検をしなければならない」
これは、電気事業法で定められた自主保安の項目の一部抜粋です。これに基づき、各社ご担当様では保安規定を定め、各種計測機器等を用い定期点検を行っている事と思います。
さて、その各種計測機器、ちゃんと正しい数値を示していますか?
測定機器も一般的な機器と同様に使用状況や保管状況・使用期間などで新品時に示していた測定値から誤差を生じる事があります。
これらの誤差が機器により定められた基準値内に収まっているかを検定するのが計器校正試験です。
デルタックスでは、各種測定機器のメーター校正を行っており、トレーサビリティ及び試験成績書・校正済みシールを発行しております。

お気軽にデルタックスへご相談下さい。

写真:各種試験器校正試験
写真:各種試験器校正試験

安全保護具耐圧試験

写真:安全保護具耐圧試験

電気機器の操作及び取り扱い時には、保護具を使用する事が必要不可欠です。
使用期限が切れたり、性能が保たれていないままの状態で使用した場合感電事故に繋がってしまう恐れがあります。
安全及び性能を確保する為に、定期的に保護具の手入れ及び健康診断「保護具・耐圧試験」が必要です。

また、保護具の健康診断は、労働安全衛生法に基づいて定期自主検査を実施し、その点検記録を3年間保存しなければなりません。

弊社では耐電圧ヘルメット・ゴム長靴・ゴム手袋・フック棒などについて器具の清掃及び耐圧試験を実施し、試験成績書・試験済みシールを発行しております。

お気軽にデルタックスへご相談下さい。

お問い合わせはこちら TEL:045-441-8661、FAX:045-441-8667
info@deltax.co.jp
お問い合わせフォームへ